Creative Green style

自由気ままなひとり言…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

キーワードは“いきいき”

昨日、射水青年会議所の4月度例会が開催されました。
※詳細は射水青年会議所ホームページ

久しぶりのパネルディスカッションということで、楽しんで聞くことができました。
パネルディスカッションはコーディネーターが命という僕の持論があるのですが、個性の違う3人をうまくコーディネートした雨宮先生はさすがだと思いました。

そして感じたこと、今の射水で必要な、まちづくりのキーワードは“いきいき”だということ。
パネラーの岩瀬まちづくり(株)の枡田代表の“いきいき”感に終始圧倒されました。

ここでマイいきいき度チェックですが、客席から見た感じでは

枡田氏>夏野市長+井波理事長

といった感じでしょうか。(もちろん夏野市長も井波理事長もいきいきしていました。)

「遠く遠く」だった“岩瀬”のまちづくりも身近に感じることができました。

で、例会のオープニング曲でございます。



遠く遠く / Sotte Bosse

遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を このまちで迎えたい

大事なのは、“変わってくこと” “変わらずにいること”

僕の夢を叶える場所は このまちと決めたから



オリジナルのマッキー(今牧委員長ではありません)よりもSotteBosseバージョンの方がイイですね、
どうやら、まちづくりには女性のパワーが欠かせないみたいです。

今牧委員長&射水いきいき委員会メンバーの皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

スポンサーサイト
別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

Chairmanな夜

先日の委員長連絡会議、永森専務が所用で欠席のため、私目が人生初のフルタイムで議長をすることになりました。

議長:会議を代表し、会議の運営を統括する役職。

会議を効率よく正しい方向に導いていくのが議長の役割だと常々思っています。が、見るのと実際にやるのとは大違い。歴代の専務理事の苦労が分かり、いい勉強をさせていただきました。

とにかくずっと議案、議事に集中していなくてはいけないので、頭の疲労、肩の疲労、目の疲労…

JCに入会して10年目、まだまだ学ぶことがあると再認識しました。
桶谷顧問がよく「役職が人をつくる」と言われますが、そのことも、理解できました。
なんとなく議事進行に大切なことも分かりました。

とりあえず気づいたこと
・議論のポイントは議長が導くこと。
・発言しやすい雰囲気をつくること。
・主導権を持つこと。

ここまでが議長ができることです。

何といっても、一番大切なのは、しっかりと議論できる“議案”を上程すること。

今日からはまた、各委員会が作成したしっかりとした議案を理事の皆様にお届けする事務局長でございます。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

Something Else

昨日、砺波の地で開催されました、日本青年会議所の会頭公式訪問に出席しました。
会頭講演を聞いて一番心に響いたこと、それはJCの活動意義について。

最近よく「JCしかない時代から、JCもある時代に」というフレーズを耳にします。
そのフレーズを我々はどちらかと言うとマイナス的に捉え、何かうまくいかなかった時の言い訳に使ったりしてしまうことがあります。
確かに直接的に即効性でまちづくりや、地域経済発展、自社の経営開発などに役立つ団体はたくさんあると思います。
そんな中、相沢会頭は「自らの成長が、まち、経済の発展を生み出す組織はJCしかないんだ」と言うことを強く、分かりやすく言われました。

誰でも何かを求めてJC活動を行なっていると思います。が、その“何か”を他人から得るのを待っていても何も変わりません。自らが成長しないかぎり本当の“何か”は見つからないと再認識した会頭講演でした。

今年度の射水JCでは、会員開発を行なう委員会があります。近年は公益性の観点から会員開発系の事業は軽視されがちだが、まちづくりをするのも自社を発展させるのも、まずは自分。
JCがJCである以上、自己啓発は欠かせない、大切なものであると再認識しました。
今年度、JAYCEE育成委員会 土部委員長も試行錯誤しながら一生懸命に会員のためになる事業を計画しております。是非この大切な事業に多くのメンバーが参加していただけるよう、みんなで土部委員会を盛り上げていきましょう!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

熱血!感謝!!そして・・・

先日の射水青年会議所3月度例会で感じたこと。

「てらこや」から学ぶということで、鎌倉てらこやの概要などを聞きました。そこで思ったのが、スピリッツは射水も同じだということ。メジャーな鎌倉てらこやも、射水JCが青少年育成事業で取り組んでいることもそんなに変わらないということ。もっと自信を持って活動していかなければ!と言うことです。

鎌倉てらこやの「JC」「大学」「市民ボランティア」のトライアングル、射水JCの事業も年々進化し、そのトライアングルに近づきつつあるような気もする。
そういうことで、今年度も継続して青少年育成事業を行なう上で、昨日の例会は非常に効果的だったと思います。

鎌倉てらこやでいう企画力のある「大学」に当てはまるキーワード、、
これを考えたとき、例会にも多くのメンバーが参加していた、「放小PTAチーム
そんなローカルなことも考えちゃいました(笑)

次はCBA!(青少年育成事業)みんなで頑張ろうぜ!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

ブロックの力!

先日、JCの富山ブロック協議会第1回全体会議が開催されました。
自分もブロック事務局長として2007年度に携わった経緯もあり、ブロック、全体会議には特別な想いがある。
予算面などで会議、祝賀会の内容は07年と比べると変化していますが、時代にあった素晴らしい全体会議でした。

表で見る全体会議は桶谷監査担当役員やJC発信委員会 南委員長などが主役ですが、表舞台を支える“ひと”があっての全体会議である。

二人の射水戦士を発見!!
futa.jpg oku.jpg
画像左はJC発信委員会の二口君。
こまめに動いて撮影した写真がHPやメールマガジン、広報誌などに役立てられる。カメラ係は、事業の本質を知ることとcreativeさを求められる重要な役割なのだ!
二口君に拍手です。

画像右は事務局次長の奥村さん。
全体会議の設営は事務局が行ないます。彼らなくして全体会議は運営されません。企画、会場設営、受け付け、会場内誘導、ステージ袖など見えるところ見えないところ様々な場面で、活躍するプロデューサー、ディレクター、ADのような役割なのだ!
奥村さんに拍手です。

一人ひとりの力が結集して行なわれる全体会議。これぞ“ブロックの力”です。

何気に会議中居眠りしてしまうこともある。事業紹介時、委員会メンバーの登壇人数が少ないこともある。交流会の料理が足りなかったり余ったりで批評することもある。挨拶が長くざわつくこともある。
そんなこともありますが、こうやって舞台を支える“ひと”に着目すれば悪かったことも良く見えるし、良いとことはもっとよく見え、新しい発見があると思います。

自分の新しい発見は、地区会長の名前の読み方でした。
総会の祝電読み上げ時、思いっきり間違えていたことを反省する2007年度富山ブロック協議会事務局長でした(汗)

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

夢ということで、

昨日、射水青年会議所の委員長連絡会議が開催されました。自分は大分遅刻でしたが…(すみません)

各委員長が、試行錯誤しながら上程する議案。努力の跡が見える、
残念ながら取り下げになった議案もありますが、努力したことに無駄なことはありません。
JCではこういうことが時々あるのです。
ただ、最近感じるのは、JCではJCではと言っているうちに、「JCにしかできないこと」を見つけるよりも「JCではできないこと」を見つけてしまっているような気がする…反省である…

で、本日は夢のある映像を!(ちょっと古いですが、)

Flying Penguins


ペンギンだって努力やきっかけで空を飛ぶことだってできる!一羽(匹?)のペンギンが飛ぶことでみんなが飛ぶことだってできる!!
そんなメッセージが伝わってきます。

この映像を作ったのはなんとイギリスの国営放送BBC。
お堅いイメージのある国営放送ですが、こんなユーモアでcreativeな作品を作るBBCに拍手です。

「JCにしかできないこと」「JCにできること」「委員長にしかできないこと」「委員長にできること」
たくさんあると思いました。

今日のお題は「夢ということで、」でした。

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

キャッチーで行こう!

昨日、射水青年会議所の2月度例会が開催されました。

~時代の変化に負けない、元気な企業を創る~
株式会社ソリューション:代表取締役 小西正行氏

若い加治委員長らしく、講師も会場も活気のある素晴らしい例会でした。
内容の詳細については後日、射水JCのHPなどで掲載されるので割愛するが、私が一番感じたのは人を元気にする“魔法”である。

「スイッチON! スイッチON! スイッチON!」

みんなが、簡単なボディランゲージでこのキャッチーなフレーズを叫ぶことで、少なくとも会場内の空気が激変しました。会場内の人の聞く耳が変わりました。もちろん私も、
その聞く耳のおかげでその後の素晴らしい講演がスイスイと頭に入ってきます。
これぞ“魔法”

経営力、人をひきつける魅力、etc,etc は小西氏のようにはなれないかもしれないが、“元気”になることはできる。そしてその“元気”を共有できること。そんなことを学びました。

“元気でキャッチー!”

キャッチーと言うことで話はとんでもなく飛びますが、私には
「2月度例会=箱根駅伝の花の2区」
「年12回ある例会で2月度例会はエース区間」であるという持論があります。

今回の例会も初っ端に元気をもらい、その後の話がスイスイ頭に入ったように、2月に元気になればその後の例会もスイスイと!という持論です!

見事にエース区間を走りきった加治委員長お疲れ様でした。この勢いで、3月堀田委員長、4月今牧委員長、5月再び加治委員長へと襷を繋ぎ、今年度終了後には、元気な射水JC、元気な企業、元気な射水地域となることを祈ります。
もちろん私も元気に!!

2月、3月と忙しく時間に追われる日々が続きますが、“元気でキャッチー!”をキーワードに頑張ろうと決意する35歳、2日目のの夜でした・・・

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

# “今を生きる”

2010年度射水JCでは、2000年度に引き続き?2度目の事務局長となりました。
井波理事長の下、一生懸命頑張りたいと思いますので、皆様よろしくお願いいたします。
別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

nice guy ダンス!

先日、行われた射水青年会議所ガイダンス。
桶谷特別委員長の依頼で新入会員候補者に「JCの活動と目的について」というパートを説明することに、、

one001.jpg

難しいことは抜きに分かりやすく候補者に伝えたいということで、アニメの話を交えて説明しました。
一応、無事に終了したことは報告しておきます。

自分がJCに入会してからの一つの目的に「人前で上手に話せること」というのがあった。
入会10年目、なんとなくその目的は達成されているような気がしました。

少し緊張はしましたが、こういう場を与えて頂いた桶谷特別委員長ありがとうございました。

別窓 | JC | コメント:3
∧top | under∨

射水かるた実行委員会

今年度、多喜委員長率いる、恊働型社会育成委員会では、射水かるた作成という事業を行っています。こちらは昨年度から継続している恊働型社会の実現を目指した事業の一環であります。

従来であればJCが立案したものは、JCを中心に事業を行い市民に広めていくプロセスだが、今回は恊働型社会の育成ということで、創り上げていくところから市民と恊働でかるた作成を行っています。

そのプロセスの中でやっと射水かるた実行委員会のホームページができました。(遅くなってすみません)

http://web.imizu-jc.com/karuta/top.html
karuta01.jpg

事業内容はホームページを見て頂けたらと思います。

まだまだスタート段階ですが、この事業を通して感じること気付くことがたくさんあります。

よくJCでは「まちづくりは自分たちの手で」と言い市民に投げかけていますが、ここに参加する市民はもしかしたら我々よりも純粋に射水のことを考えているかもしれません。

景気が悪いからと活動を自粛しているメンバーもたまに見られますが、こんな時だからこそ市民と手を合わせて元気を出すべきだと感じました。

実行委員会を通して自分自身、元気をもらった気がしています。

これからも頑張ってホームページを更新していきますので皆様ご覧あれ!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

協議?競技?

先日、射水JCの臨時理事会が開催されました。
やっと中身の部分(実施内容)まで協議され、ひと安心?というところだ。

ただ、議案書上での前回までの流れを見ていると同じ質問・意見がずっと続いているように感じました。

話し合いの場“協議”がお互いの技を競う“競技”になっていやしないか、、例え“競技”になっていたとしてもいつまでも延長戦を続けるのか?どこかで結論を出してかないと終わらないし、一番大切な事業を始められない。
確かにどんな競技でも、想いの部分“ハート”は一番大切である。ただ相手が論理的に攻めてきているのであれば、“ハート”の部分以外に小手先ではない“論拠のある論理”で返すのが当然であろうと思う。

自分は子どもの頃、小学校の先生に授業中に怒られて5分間授業を中断させてしまったことがある。
その時、先生に「あなたにとってはたったの5分かもしれませんが、クラス40人分の時間を止めてしまったことを反省しなさい」と言われました。
その教訓が大人になって活かされているかどうか?

青少年の問題点でいろいろ子ども達のことが書かれているが、残念ながら実際に変わってしまっているのは間違いなく私たち大人である。

事業の方向性のベクトルを合わせたいのであれば、今起こっている現状の矢印を他人にではなく、まずは自分に向けることが大切であると思う木曜の夜でした。


次回は長い延長戦の結果がでる“審議”です!次回は“競技”にならないようお互いに頑張りましょう!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

What's PowerPoint ?

本日(社)黒部青年会議所の理事会でアカデミー委員会主催の4月度例会が審議されます。

4月度例会の講師は、なんと!我らが高田大介先輩である。

IMG_6078.jpg IMG_6003.jpg
※画像は後からもっといいヤツを添付します、、

担当の山口委員長とは2007年度ブロック事務局繋がりということでよく相談を受けますが、その中で講演時、パワーポイントを使用した方が良いかどうか聞かれました。

そこで思い出したのが、2004年度 板谷委員長率いるアカデミー委員会の一コマです。
新入会員
「パワーポイントって何ですか?」
板谷委員長
「講演の際、スクリーンに文字や画像を映して分かりやすくプレゼンテーションするパソコンのソフトのことですよ」
K副委員長
「え~~っ、、パワーポイントって話の力を入れるポイントのことじゃなかったんですか??」
委員会メンバー
「・・・・・・・・・」


最近の講演は確かにパワーポイントを使うのが主流であるし、視覚に訴える効果は絶大であると思う。
しかし、山口君には「大介さんの講演には必要ないよ」と答えました。
04アカデミー委員会の一コマではないですが、大介さんの話には「力を入れるポイント」があり、聞き手の心をバキューンと打ち抜く“力”“美しき魂”があります。そういう話のできる大介さんには小細工なんて必要ありません。
だからこそ、そういう“力”と“魂”を新入会員が間近で体感できる4月度例会は必ず素晴らしいものになると確信しています。

そんな素晴らしい黒部の4月度例会、私は運転手としてオブザーブします。ちょっと遠いですが皆様も是非!!

※詳細は専務から案内があると思います。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

やっぱ最強!

昨日、一杉委員長率いるブロックの力創造委員会が主催の“広報委員長連絡会議”が射水で開催されました。

委員会が今後、事業を進めていく上で9LOMの広報の現状を知ることや広報委員長とのコミュニケーションが必要不可欠ということでの会議です。

一杉委員長も完全復活ということで最強チームが勢揃いし、各LOMの広報担当の委員長も全員参加(代理含む)ということで非常に引き締まったいい会議でした。

今牧幹事の相変わらずの手際の良さで懇親会(三角)もスムーズに、そして大変盛り上がりました!

IMG_9496.jpg IMG_9513.jpg

恐るべしは、“やはり”氷見JC事務局長、、間違いなく画像の本数以上一人で飲んでいました(汗)
返杯された私、一杉、今牧、その他諸々分飲んでいるということですから…

今度、氷見で委員会を開催した時は是非、参加してもらいところです!今度は射水JC5人がかりでリベンジしたいと思いますが………

とにかく明るく楽しい懇親会でした。桶谷特別委員長ありがとうございました。

締める時は締める、盛り上がる時は盛り上がる!そんなメリハリの利いたこの委員会はやはり最強ですね!!

最後に、出張帰りのお忙しい中、挨拶&お志を頂きました石灰理事長ありがとうございました。

別窓 | JC | コメント:3
∧top | under∨

リトル・トーキョー

先日、JCの委員会(一杉委員長率いるブロックの力創造委員会)が魚津の地で開催されました。
懇親会はもちろん魚津で開催されるのですが、普段魚津で飲むことはないので魚津の街の意外な(失礼、)活気にびっくり!さすが、新川地区の東京?という感じです、、

懇親会場の「三三五五
tennai_04_01.jpg3355.jpg

メンバーのお店なのですが、高岡地区には無いような広くてとても雰囲気の良いお店でした◎
個室もあり、魚津に行ったら是非オススメのお店です!!

それともう一つ素晴らしかったのが委員会の運営です。
一杉委員長が急遽インフルエンザで欠席というハプニングにも関わらず、議長を努めた石黒副委員長、司会進行を努めた今牧幹事のテキパキとした運営により、時間通りスムーズでありながら中身の濃い委員会であったと思います。

石黒副委員長におかれましては昨年度、自分の担当する委員長であったということもあり、その成長ぶりには思わず涙が…
今牧幹事はさすが!というところ、、次年度はそろそろ…
また2年目の島田君も積極的に意見をしたりと本当に素晴らしい委員会でした。
ここにインフルエンザから復活待ちの一杉親分が戻ってこれば最高のチームとなります。

最近少し疲れ気味でしたが、一杉親分を男にするめに!この最高のチームのために!何か役立てるよう頑張りたいと誓うリトル・トーキョーでした。

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

a JC Graduation

先日、JCの卒業例会が開催されました。

今年度の卒業生は理事長経験者3名を含め自分にとって大切な方ばかりでした。例会時に卒業生の方々から熱いメッセージを頂いたので残念ながら欠席しました青山さんのことについて語りたい。

青山さんは僕が入会2年目の2001年度に地区の財政特別委員会委員長を歴任されその委員会に出向してからの付き合いとなります。
そして、自分が今までのJC歴で一番苦労した2003年度委員長時代の担当副理事長でありました。
とにかく厳しく細かい副理事長で毎日電話の嵐で半分ノイローゼ状態でした。しかし、それは僕に恥をかかせないが為の愛情であることに気付くのに時間はかかりましたが、青山さん程、気遣いができ、常識やおもてなしの心がある人はいないと今でも思っています。

“予算が無く謝礼やお土産代も払えない中、無理に来て頂いた講師に対して、講演後、こっそり僕の名前でカニを送って頂いたこと。”

“僕が何も知らないくせに勢いで会頭訪問を主幹した際、間違いなく赤字だった決算を第一インと交渉してうまくまとめあげてくれたこと。”

“日本JCの事業を富山ブロックで開催した際の日本JCの委員会の接待を引き受け、完璧なまでのおもてなしの仕方を教えて頂いたこと。”

“委員会メンバーと飲みにいく様に!と気を利かせてくれ、高岡の飲み屋でたくさん僕の名前でボトルを入れてもらったこと。(すみません、一度もいくこと無く全て流してしまいましたが…)”


など思い出を語るとまだまだたくさんありますが本当にお世話になりました。

その年はスタッフ・各委員長・理事メンバーに大分迷惑をかけながら、なんだかんだ自分の想いで事業が開催できたのも、どこかに青山さんが責任を取ってくれるだろうという安心感があったからです。
自分は今年度副理事長として青山さんのようにできたかどうかは分かりませんが、間違いなくその年の経験が生かされていると思っています。

17年間という長いJCライフお疲れさまでした。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

ブロックの力!

先日、自分が次年度出向する一杉委員長率いる富山ブロック協議会「ブロックの力創造委員会」が開催されました。

9LOMの事業を全県的にPRするというミッションで近年のブロックでは初の試みとなる委員会だ。
委員会メンバーからは活発な意見が出てきて素晴らしい委員会になるんだなと、来年からの委員会が楽しみだなと思いました。
しかしながら、簡単に全県的PRというが、その手法がなかなかまとまらない。ともすれば、他力的にできてしまう事業でもあり委員会として機能させるのが難しいミッションにも思えました。

これは持論ですが、JC運動はもちろん地域・社会のために展開するべきであるとは思うが、ブロックに関してはまずは委員会メンバーが「この委員会に出向して、ブロックに出向して良かった!」と思えるような事業をするのが良いじゃないかと思っています。
これは、ともすれば自己満足ではあるが、そこで経験する“絆”“知恵”は必ず各青年会議所、地域に持ち帰って活かされるものだと思います。

また、仮に各メンバーに地域に対する想いがあるとすれば、委員会メンバーにやりがいを持たすことによって結果として、より地域に貢献できる事業に繋がっていくと思います。

各青年会議所を背負って出向してきているメンバーの力をまとめあげ、やりがいのある組織にしていくことこそが“ブロックの力”であり、それが“地域の力”に繋がるものと信じています!!

一杉委員長2009年度は一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します!

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

第2回全体会議 2008

先日、楽しみにしていました富山ブロック協議会第2回全体会議が開催されました。

昨年度とは違い、予算面での制約もあり苦労していることは聞いていましたが、事務局メンバーの知恵と努力により素晴らしい全体会議だったと思います。

会議を見ながら昨年度を振り返り、“各LOMの事業報告は理事長が行うと時間通りスムーズになるんだな”とか、“JCI旗引き継ぎの際、ブロック役員も登壇しているのも新鮮だな”とか勝手に一人で反省したりとかしていました。

でもやっぱり一番は高田直前の答辞。

キャスティングするのは事務局、ノンフィクションのストーリーで、ありのままの男“高田 大介”

本当に最高の全体会議でした!

卒業生の皆様、おめでとうございます。
そして、橘事務局長、ほぼ徹夜で頑張ってきた事務局メンバーの皆様、お疲れさまでした。そしてありがとうございます。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

続・事務局!

先日、高岡で昨年度、富山ブロック協議会の事務局同窓会を開催しました。

定番?の焼き肉&一気飲みで盛り上がり、メンバー一人ひとりが今年度と次年度の報告、抱負を語りながら、楽しいひと時を過ごしました。

共に汗と涙を流したメンバーだからこそ築ける“絆”がそこにはありました。

仕事や家庭がもちろん一番大切だが、JCの中で優先順位を付けるなら、事業でもなんでもないが、もしかしたらこういった“絆”を築く場面も重要な位置を占めると思いました。

いろいろ行き詰まった時には、リラックスして心の通じ合う仲間と語り合えば解決することもあると思います。

次年度委員長の皆様、ご参考に!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

恊働型社会に向けて!

昨日、射水青年会議所の11月度例会が開催されました。

そこで射水DEネット構想が発表され、そのステップ1として本日よりホームページ“いみずDEネットweb”がスタートします!

http://web.imizu-jc.com/imizu_net/top.html

net02.jpg

まだまだスタート段階ですが、項目として、いみずDEネット構想の説明、市内各種団体の紹介、掲示板などがあり、この後も随時更新し、内容もパワーアップして行く予定です。

各種団体の皆様、HPに掲載の要項がありますので是非ともよろしくお願い致します!


別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

いみずDEネットweb

恊働型社会創造委員会が、委員会の掲げる恊働型社会の実現に向けて、地域住民と各種団体などのネットワークづくりの一環として“いみずDEネット構想”を模索中です。

その一環として11月度例会後にスタートする、射水地域の各種団体を紹介するホームページ“いみずDEネットweb”を製作中!

HP01.jpg

まだまだ登録団体が少ない現状ですが、委員会メンバー一丸となって完成に向けて奮闘中です!乞うご期待!

※尚、委員会の掲げる“恊働型社会”“いみずDEネット構想”は11月5日開催の11月度例会にて発表致します!

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨
| Creative Green style | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。