Creative Green style

自由気ままなひとり言…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

悪魔の鉄槌

今日、某先輩の会社を訪れた際、会社内にあるバイクファクトリーを見せてもらった。
個人所有とは思えない素晴らしい工房でバイクの話で盛り上がる、、先輩にはいつも車検切れのSRを持ってこいと誘われていて、今日始めてファクトリーを見せてもらって、昔を思い出すと共にグッと熱いものがこみ上げてくる…

自分がSRに乗ったきっかけは、漫画「特攻の拓」に出てくる天羽時貞の“ルシファーズ・ハンマー”と呼ばれるSRカスタムと映画「さらば青春の光」だ。

※タイトルはルシファーズ・ハンマーの和訳。SRではないが実像した伝説のバイクなんですよー

さらば青春の光
sr01.jpg

ザ・フーのアルバム『四重人格』を原作として製作された60年代の英国ブライトンを舞台に、自分の道を模索する若者グループ、モッズとロッカーズの対立を描いたストーリーだ。

SRとは映画に出てくるロッカーズが好んで跨った、ノートンマンクスやBSAのような単気筒のブリティッシュスタイルなヤマハのバイクである。

ソウルやブリティッシュポップ・ロックを好みスタイリッシュなスーツに身を包み、ベスパなどのスクーターに跨るのがモッズ。アメリカンロックンロールを好み、革ジャン・ブーツで身を固め爆音たて闇夜を疾走するのがロッカーズ。
身なり・思想など全くタイプが違い、対立する両者だが、間違いなく両者ともに、当時の英国カルチャーシーンに影響を与え、はるか彼方の日本、富山のチンケな僕にまで影響を与えている。

モノの捉え方、考え方はそれぞれ違いがあり、時には意見が衝突することもある。
ただ、強い想いで自分のスタイルを貫くことが少なからず、誰かに影響を及ぼす可能性があるということに気付く。

スポンサーサイト
別窓 | シネマ | コメント:0
∧top | under∨

Pay It Forward

今日、いつもお世話になっている先輩とお酒を飲みました。
その先輩には飲みに行った時よくおごってもらいました。お世話になった先輩なので何かで返そうと思うが、その先輩はいつも僕に「自分に返さずに、その分を後輩に」と言います。自分はその先輩からの教えを広めようと思う。

頂いた恩を恩で返すとという、“ペイバック”それはそれで素晴らしいことだが、頂いた恩を別の人に返すという“ペイフォワード”それはもっと素晴らしい!良いコトをお互いに返しあうのではなく、外に広める運動が出来れば、次の世代に受け継ぐことができれば、そういうプラスのスパイラルが描ければ、世の中もっと良くなるのだなと、いつも思う。

ペイ・フォワード
movie01.jpgひとりの少年のアイデアが、世界を変える。ミミ・レダー監督による感動のヒューマン映画。
「もし君たちが世界を変えたいと思ったら、何をする?」そんな社会科の先生の問いかけに、主役の少年がシンプルかつユニークなアイデアを思いつく。それが“ペイ・フォワード”
他人から受けた厚意をその人に返すのではなく、まわりにいる別の人へと贈っていく…という奇想天外なアイデア。
その小さな運動が身近なところから変わり始め、やがて世界を変えていく…
そんな素晴らしい映画です。

そんな素晴らしいことを身近にいる先輩から学びました。

別窓 | シネマ | コメント:2
∧top | under∨

美しき一発屋たち…

今日、久しぶりにテレビを見た。“くりぃむナントカ”の「ナントカ一発屋ツアー」というコーナー。
出てたのが、波田陽区、猿岩石、幹てつや、etc,etcで流れてた曲が“大事MANブラザーズ”の“それが大事”とかなり痛々しい…

一発屋と聞くとついつい笑いのネタになるが、一発当てるだけでもたいしたものだと思う。それすら出来ない人がたくさんいるから、、
一発で終るのは良くはないが、地域の人たちが楽しくなるような“何か”を考えて、みんなでやってみたいなという風に思いました。もちろん一発で終らないもので、、、

そこで今考えた「第1回マイ一発屋コンテスト」をブログ上で開催!!

エントリーNO1.“ピンク・サファイア”
このバンド知ってます?“PS I LOVE YOU”って曲がわずかにヒットしたバンド。一応“キモチいい恋したい”っていうドラマの主題歌(吉田栄作とか出てたやつ)

エントリーNO2.“スキャットマン・ジョン”
みなさんご存知、“エブィバディ・プッチン”です。ご冥福を祈ります。。

エントリーNO3.“ランス”
違う意味での一発屋。一説によると広島カープ最強の助っ人の呼び声高い、打率二割でホームラン王となった伝説のスラッガー。

spo05.jpg実は熱狂的なカープファンです。
画像はもちろん“ランス”
三振かホームランかの打撃はある意味、三冠王のバースよりエキサイティングだった言われていたはず…
この頃のカープは首位打者の正田、いぶし銀・山崎、左の長内、0番・長嶋、もう一人の助っ人ジョンソン、名捕手・達っちゃんなどに北別府、大野、川口に炎のストッパー津田と魅力あるチームでした。

今はというと、金本・新井がタイガースに…エース黒田がメジャーに…となんとも耐えがたい状況です。
カープもそうだけど、これからの日本のプロ野球はいったいどうなるんだろ…

別窓 | サブカル | コメント:0
∧top | under∨

最後までやり遂げる力!

本日、行われた大阪国際女子マラソン。久しぶりに目頭が熱くなりました。
北京オリンピックの選考レースでもある、このレースに、5千m、1万m、ハーフマラソンの日本記録保持者“福士加代子”選手が挑みました。
spo04.jpg30キロ過ぎまでは福士選手の独走、、しかし、まさかの失速・・・
脱水症状で脚が全く動かなくなり、次々と後続に抜かれて行く姿がとても痛々しい、、実績もありプライドもある選手なので、棄権するのではないかと思われた・・・
しかし、そんなプライドよりも何回も転びながらも最後までレースを諦めない福士選手の姿に涙・涙・涙、、
北京に照準を合わせていた福士選手にとっては、その望みがなくなった時点で諦める選択肢もあったと思うし、そうであってもあの状態では誰も文句は言わなかったと思う。
そんな彼女を揺り動かしたのは、沿道の声援なのか、プライドなのか、それともランナーとしての使命なのか、何なのかは分かりません。
ただ、そこから、自分の掲げた目標に到達できなくなったとしても、どんな姿になっても、途中で諦めずに最後までやり遂げることの素晴らしさを感じました。
“どんな困難になろうとも、最後までやり遂げるという強い気持ち”
そんなことを福士選手から学びました。

北京の次もあります。福士選手、今後も頑張ってください!

別窓 | スポーツ | コメント:2
∧top | under∨

GLOBE-TROTTER × UNDERCOVER

創立110周年を迎えた英国の老舗トラベルケースブランド、グローブ・トロッターとアンダーカバーがコラボレーションアイテムをリリースするとのこと。
                      [問] UNDERCOVER BASEMENT Tel : 03-3407-1020
uc01.jpg

ムチャカッコいいんだけど、、コレ欲しいーー

1.スーツケース
33インチ 246,750円[税込] 30インチ 231,000円[税込] 21インチ 194,250円[税込]
2.別売りUNDERCOVER PVCケース
33インチ 58,800円[税込] 30インチ 54,600円[税込] 21インチ 48,300円[税込]

ちなみに僕の誕生日は2月2日です。その頃は、発売していると思われます。

別窓 | ホビー | コメント:2
∧top | under∨

JAPAN BLUE 2008

新しい日本代表ユ二ホームが発表されました! デビューは26日のチリ戦になるとのこと。
今回は色も素材も一新して、究極の給水速乾性と軽量性を兼ね備えた「ファブリック・エックス」という新技術を採用したそうだ。 ※よくわからん、、
とにかく、なでしこJAPANの澤穂希選手に言わせれば「汗かきの自分には最適」なんだって、、
個人的には今までで一番かっこいいと思います。
spo01.jpg

新しいユニホームを着るのは気分がいいかもしれません。だた、ユニホームが変わっても強くなるわけではありません。世界の伝統ある強豪国のユニホームはそうそう変わりません。
代表、国の象徴でもあるユニホーム、本当は、いつも変わらず子供達の憧れであって欲しいものなのかもしれません。

“変えてはならないもの、変えなければならないもの”

------------------------------------------------------------------------------

spo03.jpgおまけ画像
なでしこ?JAPANです。

左が澤選手、このユニホームで思いっきり汗をかいて暴れまわってください・・・

右はなでしこJAPANのボンバーヘッド荒川選手

バレーなんかでは、たまに代表選手同士の結婚は聞くけど、サッカーはないな・・・




別窓 | スポーツ | コメント:0
∧top | under∨

正義への長い道のり

「サミット参加国首脳の8人がやる気になれば、アフリカなど世界の問題は10秒で解決できる」
ボブ・ゲルドフ

ロンドン・ハイドパーク ライブ8での貧困撲滅への訴え。
bob01.jpg
※画像はその時のものではありません。

「やる気になれば解決できること」
会議中そんなことを考えていました・・・  ※今日はJCの正副理事長会議でした。

別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

Kaikai Kiki

世界で最も有名な日本人の一人“村上 隆”さんのリトグラフ(ポスター?)がKaikai Kikiより発売されました。って実質3日間のみの抽選販売で即完売って(汗)
今の自分には全く無用のものとは知りつつ、ついついチェックしてしまいます。

AND THEN ゴールデン DOB
art03.jpg

フラワーボール (キンダーガーデン デイズ)
art04.jpg

村上作品が22,050yenで買えるのって安い??

別窓 | アート | コメント:0
∧top | under∨

Hello Kyoto City !

「京都会議」に行って来ました。
京都会議?世の中のほとんどの人は「地球温暖化防止京都会議」を連想すると思います。
しかし、JCで言う「京都会議」とは毎年1月の第3週に京都国際会議場にて日本JCが開催する会議となる。

自分は学生時代京都にいたこともあり、友人に会いに行くという第2の目的の下、毎年京都には行っているが、最近はいろいろ考えることがある。
会議自身はその前後も含めて大変意義のあるものだとは思うが、地球温暖化防止京都会議にちなんで考えると全くもって環境にやさしくない。そんな偉そうなことを言ってる自分もしっかりとマイカーで京都入り・・・
その時期の京都は高校受験ラッシュ、未来ある学生達がホテルを押さえられない現状。そんな偉そうなことを言ってる自分はツインルームのシングルユース・・・
そんな矛盾、無力さを感じ、恥じる思いと共に、それらを解決できるよう努力しようと思えた日でもありました。

kyoto01.jpg話はぶっ飛びますが、空き時間を利用してアカデミー委員長と今年度新入会員と共に「想い出の京都スウィーツツアー」に出かけました。
そこでの「オレ・MY・ベスト」を紹介します。
一等賞は和菓子屋「出町ふたば」の豆餅でした!河原町今出川を少し上がったところにあります。少し並ばないとダメですが、その価値は十分にあります。おススメの一品!

人にはそれぞれ価値観があり、楽しみ方もある。自分にとっての京都は「京都会議」もあるが、自分を大きく成長させてくれた想い出の地でありました。しかし、これからは、想い出の地「京都」で開催される会議をもっともっと真摯に受け止め、真剣に考えようと思う。

最後に、この素晴らしい会議に一緒に行ったメンバーのセミナーを受けての感想を読んで感動でした。

別窓 | JC | コメント:4
∧top | under∨

藤尾 秀昭 氏 講演会

本日は非常にためになる講演会のPRです!
(社)射水青年会議所 2月度例会は一般参加可能なオープン例会となります。
下記の内容となりますので多数の参加お待ちしております。

「変えてはならない『義』の心」 ~人の幸せに役立つことを自分の喜びに~
【講師】藤尾 秀昭 氏 (株式会社 致知出版社 代表取締役社長)
【日時】2008年2月6日(水)18:30~20:30(18:00受付開始)
【場所】射水市沖塚原747-1 TLC 4F多目的大ホール

入場は無料ですが、事前申し込みが必要となりますので詳しくは下記までお願いします。
ホームページからの申し込みも可能ですのでよろしくお願いします。

社団法人射水青年会議所
tel 0766-84-3500
http://www.imizu-jc.com/

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

今、自分にできること

先進国に暮らす世界人口のたった2割の人々が、世界の富の8割を独占しています。
また、その2割の人々が地球を汚しています。
昨日、プロフィールにもある環境活動実践会議に出席しました。そこでいろいろ議論しましたが、私は自分の所属する団体がいったいどれだけの富を独占し、どれだけ地球を汚しているのかを考えました。
環境問題に対しての議論を行うのもいい、社会起業家精神を養うのもいい、講演会などの啓発運動を行うのもいい、ただ一番大切なことは、今、自分にできることをすること。

30円で砂漠に一本の苗木を植えることができます。
sahel01.jpgアフリカ・サハラ砂漠の南に広がるサヘル地域は、砂漠化に瀕し、かつ飢餓ベルトともいわれる慢性的な食料不足地帯です。その砂漠化を防止する為に住民が植えている苗木は、1本30円で作られます。1haを植えるのに100本が必要です。「緑のサヘル」というNGOはサヘル地域に住む人たちと共に食糧自給の達成を目指し、砂漠化を防止し、緑を減らさない活動を続けています。
緑のサヘル http://www.jca.apc.org/~sahel/
募金をするには http://www.e-volunteer.ne.jp/index.shtml

サイドパーツにある「OMOIYARI」は自分に代わって企業が募金をしてくれます。最近はマイ箸を持つ人が増えてきました。なんでもいいから自分にできることから始めることが大切だと思います。
実はオンライン募金には加入していませんのでこれからです。
別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

摩天楼はバラ色に

摩天楼とは英語のskyscraperの直訳で、「天を擦りとるもの」という意味です。
「摩」は擦りとるという意味、「楼」は高い建物。 即ち、天を擦りとるように見える程高い建物ということです。
摩天楼街で、空を見上げると、空がとても小さく見えて、ビルの頂上が、まさに天を擦りとっているように思えるらしいです。
摩天楼を摩天楼らしく感じるには上から見下ろすよりも下から見上げる方が良いそうです。

人は舞い上がって周りが見えなくなったりしたときや、焦ったとき、ついつい高いところから周りを見てしまうことがあります。しかし、そんなときこそ、しっかり地に脚を下ろして今まで自分がやってきたことを信じ、仲間を信じ、摩天楼のように落ち着いて下から見上げることが大切だと思います。

昨日、射水JCの新年総会、祝賀会が射水市の摩天楼?第一イン新湊で開催されました。
自分は主催する委員会の担当副理事長でありながら友人の結婚式と重なり大遅刻となり皆さんにはご迷惑をかけました。そのせいで新年総会、祝賀会の一部を見ることはできなかったのですが、ミスも無く素晴らしい内容だったと聞いています。
前日まではいろいろ心配な点もありましたが、しっかりと地に脚を下ろし、今まで準備してきたことを落ち着いてしっかり実行できたからこそ良い結果に結びついたのだと思います。私自身も参加はできなくても必ず成功すると信じていました。委員長お疲れ様でした。

琵琶湖に浮かぶ摩天楼「大津プリンスホテル」です。
otu.jpg

やはり下から見上げると壮観です。ここで友人の結婚式を終え、第一インまでかっ飛ばしました。結婚した彼もしっかりと地に脚を下ろし、幸せな家庭を築いてほしいと思います。(注:自分に言ってるのではありません。)
ちなみに結婚した友人も大津JCのメンバーです。
別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

印象派な夜に・・・

僕のささやかな趣味を紹介しよう。美術鑑賞が好き。印象派が好き。今晩はその印象派の画家のトップスター、「オーギュスト・ルノワール」について語りたい。
彼は独特の優しい筆のタッチで子供や女性を描き続けた画家である。
彼の有名な言葉に「もし、この世の中に女性の裸が無かったら自分は画家になっていなかっただろう」というのがある。
世の中に女性の裸が無いわけはない。そこに、そんな普遍的なもの(あたりまえのこと)を画家(自分の職務)として筆で表現することで、民衆に感動を与えられるということに、自分の仕事に対する自信と誇りを感じます。
今日、JCで毎年1月に開催される新年総会・祝賀会のリハーサルが行われました。そんな毎年開催されるあたりまえで普遍的な行事にも、ルノワールのように自信と誇りがあれば、必ず感動が生まれると感じた、そんな夜でした。

オーギュスト・ルノワール / ムーラン・ド・ラ・ギャレット
art01.jpg

音楽があって、踊りがあって、お酒があって、語らいがある。そんな明るく楽しい絵画です。
ルノワールは「人々の幸せ」を描きたかったのではないでしょうか?
新年総会もこの絵画のように明るく、楽しく、みんなが「幸せ」になれるようなものにしたい。
別窓 | アート | コメント:0
∧top | under∨

夢追狂

本日、世界プロボクシングバンタム級ダブルタイトルマッチが開催されました。
長谷川穂積選手は貫禄の大差の判定で挑戦者を退けましたが、残念ながら富山県出身の池原信遂選手は敗れました。
池原選手は31歳ということでおそらく引退するのではないかと思いますが、ボクシングの他スポーツと違い短い限られた選手生命の中で夢を追い求め、精一杯戦う姿は、ある意味JC(自分が所属している団体です。http://www.imizu-jc.com/)と通ずる所?がありついつい惹かれてしまいます。
敗れはしたものの池原選手は良く頑張ったと思います。

画像は僕が後援会として応援しているトヤマボクシングジム所属の松田トモヤ選手(高校の友人ですので応援よろしく!)が昨年末グランドプラザにて行った試合の模様です。
box02.jpgbox01.jpg

彼のボクサーパンツには「夢追狂」という刺繍がしてあります。残り少ない選手生命の中で肉体的にも精神的にも経済的?にもきついボクシングというスポーツを選択し「夢」を追い求める彼をずっと応援し続けようと思います。

自分の「夢」は何なのか?追いかけているのか?今夜はこの詩を聴きながら考えてみたい・・・

「銀色の夜明けを切り裂いて こっそり隠した涙には
ぶちのめされても立ち上がる 乾いた鉄の味
僕らはまだ見ぬ明日を ちっぽけな心に握りしめ
一瞬の時の中で何が出来るのだろう」

            STANCE PUNKS / 夢追狂の詩
別窓 | スポーツ | コメント:1
∧top | under∨

Creativeなblog

自分の所属する団体(JC)で責任ある役職についたことや、身の回りの環境が変わりつつあることを機会に新しくブログを立ち上げることにしました。
趣味・所属団体・思想的なことを中心に“クリエイティブ”に「ひとりごと」を書きつづっていきたいと思います。
別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨
| Creative Green style |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。