Creative Green style

自由気ままなひとり言…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Comeback !

有終の美を飾ったはずのvaioが分解したりしていろいろ触っていたら、電源が入り、すかさずリカバリー、、
すると、見事に復活したではないか!!
ただ基本的には部品の磨耗的なものなのでいつ壊れるか・・・・

とにかく、何でもそうですが、あきらめずに最後までがんばる(悪あがき?)のもいいと思いました。

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2
∧top | under∨

さらば、vaio ・・・

世間ではPCのウィルスがお騒がせとなっていますが、そんなことを他所に非常に調子の悪かったmy vaioがとうとう、まったく電源すら入らなくなった。
結構、ショック…
まあ、2003年からハードに使用してたんで役割は果たしたと思っています。

おニューPCは注文済みだが到着までは時間がかかるのこと(汗)
しばらくはPCなしの生活に、、
ブログの更新も少しおろそかになるかも知れないがよろしくお願いします。

別窓 | 日記 | コメント:0
∧top | under∨

NOBU

2005年、射水JC統合初年度、自分は事務局長。
その時、僕が当時の高田理事長から頂いた言葉。

「どんな時代であっても、どんな時代背景があろうとも、強く明るく前向きに生きよう!

がんばれ!

がんばれ!

がんばれ!


いつもどこかでだれかがあなたを応援しています。」


社団法人射水青年会議所 理事長 高田 大介


がんばれよ~
みんなであなたを応援しています!

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

協働すること、

昨日、シニア会の先輩から電話があった。内容は、アルビスの会長が今後のまちづくりを考える上でJCの若い人と話がしたいということだった。早速、河原委員長に連絡し、月末に会って話をすることに。
そのほか今週は市の協働課長と打ち合わせをする。

今までは“まちづくり”をJCが中心となって行ってきたことが多々あるが、多様化した現在、「JCがある社会から、JCもある社会」に変わってきていると感じます。
それは、それだけ、まちのことを真剣に考える人たちが増えてきて喜ばしいことだと感じ、これからは“まちづくり”をJCだけが担うのではなく、JCだけでやるのではなく、そういった方々とうまく繋がって、市民と繋がって、共に創り上げていくような運動が必要だと改めて感じました。

今年度担当委員会のミッション “協働型社会の創造” 正しくそれだ!

そして、その中で我々にしかできない新たな特異性を見出し、進化していくことが、地域のためにもなり、この組織の存続に繋がっていくと思う。

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

世界遺産から学ぶ、

昨日、“素敵な宇宙船地球号”で2007年に世界遺産に登録された“石見銀山”について触れられていた。
02.jpg
石見銀山がなぜ世界遺産に登録されたのか?それは江戸時代から続くこの銀山が古くからそこに住む人たちによる「開発と環境との共生」がなされていたからだそうだ。
環境破壊に繋がる鉱山でありながら、そこに住む先人の知恵と力で自然と共有し、今でも素晴しい自然を残しています。

そのことが現在、世界レベルで見直され、石見銀山の取り組みが各地で行われています。


世界遺産は美しいものとして感覚的に感じるものだと思っていたが、そういう成り立ち、先人の知恵を知ることで自分たちに生かされるモノがあるということに気づく。

なお、現在でも若い人たちが中心となって銀山を生かしたまちづくりを行っており注目されている地域です。

別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

酒とバラの日々

一昨日は氷見で氷見JCメンバーと、昨日は富山で飛騨古川JCメンバーとお酒を飲む機会があった。
氷見、古川は土地柄もあり非常にお酒の好きな人が多い。その分、お酒の楽しみ方を無意識で知っているような気がする。
決して無理なことはせず、そこにお酒と少しのおつまみと語らえる“仲間”がいれば楽しい時間が過ごせる。
翌朝はしんどいが、有意義な時間を過ごすことができた。

オスカー・ピーターソン / 酒とバラの日々
music05.jpg“ジャズ界の至宝”、“鍵盤の皇帝”と名高い“オスカー・ピーターソン”の名曲

「酒とバラの日々は、遊んでいる子供のように
笑いながら走り去っていく」


世の中楽しい事ばかりではない。楽しいことが過ぎ去った後、どう行動するかが大切だ。
そうだからこそ、刹那の楽しい時間を笑って過ごしたい。


昨年末亡くなった彼のご冥福をお祈りします。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

eco JUNKO

今日は先ほども書いたが、高岡青年会議所2月度例会、講師“枝廣 淳子氏”による「SOS!限界を超えた地球~持続発展可能な未来への第一歩~」へ行ってきた。
今、もっとも旬な問題である“地球環境”についての講演である。

その中で、一年間の世界の二酸化炭素排出量と地球が吸収できる二酸化炭素の量の話があった。

・世界の二酸化炭素排出量:約72億t
・森や海など地球が吸収できる二酸化炭素の量:約31億t


日本は京都議定書で2012年までに二酸化炭素を6%削減する目標を掲げている。しかし、上記の数字を見ると明らかに温暖化を進めてしまう。
ヨーロッパ諸国は2050年までに70%を削減する目標を掲げている。地球の二酸化炭素吸収量が増えることは厳しいので(森林伐採によりむしろ減る)70%は削減しないと温暖化は防げないのだ。

僕も上記のデータも知っていたし、身近なところで環境問題には取り組んではいるが、知識や小手先だけではなく、自分から70%削減できるようにしないといけないと思いました。そして周りの人も・・・
6%を削減できない人は70%を削減することは無理なので、まずは6%!少しずつできることから取り組んでいきましょう!

book01.jpg

講演の中で、紹介されていた本です。最近は漫画や雑誌ではなくちゃんと読書もできるようになったので、読んでみたいと思います。

講演の最後、枝廣さんの掛け声で、みんな一斉に手を叩くシーンがあったが、掛け声の前、JCメンバーの殆どが一本締めのポーズだったのが面白かった。こんな変な習性をもっと地球にやさしいものに変えていければいいんだろうな。。



今日は万葉線で行くつもりだったが、寄り道する場所があって結局、車で会場入り。
口ほどにもないですね…

------------------------------------------------------------------------------

余談だが、8年前くらい前から枝廣さんを知っているが、見た目は殆ど変わらない。むしろ自信がついて生き生きしているようだった。
おそらく、講演内容のような、健康的で生き生きとしたライフスタイルだというのが想像できる。女性も男性もそういった生活をすることで若さを保てるのだなと思った。

別窓 | eco | コメント:2
∧top | under∨

不都合な真実 TOYAMA

昨日の新聞記事によると、地球温暖化により、ここ20年間で富山湾の海面が9.1cm上昇しているそうだ。  新聞記事
toyama01.jpg 近年の暖冬からも地球温暖化は肌で感じるが、9.1cmの海面上昇を聞かされると益々そう思う。確かに最近、漁港へ行くと子供の頃に比べると明らかに海面が上がっているのが分かる…
 これだけの問題に直面して、今の自分にできることは小さいかもしれないが、今までにやってきたこと以上に新たな取り組みを考えて実行していきたいと思う。
 マイ箸・バックはすでに徹底できているので、今月はマイ水筒強化月間として習慣付けできるよう頑張ります!

 小さいことかもしれないが、一人ひとりが取り組めば何かが変わると思う。

今日は、高岡青年会議所の2月度例会
講師“枝廣 淳子氏”による
「SOS!限界を超えた地球~持続発展可能な未来への第一歩~」
の講演がある。
万葉線に乗って、出かけようと思う。

詳しくは高岡青年会議所ホームページ

別窓 | eco | コメント:2
∧top | under∨

本気の活動!

本日はJCの富山ブロック協議会 第一回全体会議が開催されました。
何を隠そう一年前は事務局長として自分が設営側だった大切な会議である。
正直な感想。今まで参加した全体会議で一番楽しかったです。
今年度の設営が素晴らしかったこともあるが、昨年の苦労を知りつつ客観的に参加して色々な方々と話ができたことが良かったです。
近年はJCの活動について公益性云々もある。実際に自分もそのようなことを訴えているが、こういった、公益性は薄くとも、携わった人間が感じる心のオアシスもJCにはありなのかなと思う一日でした。

富山ブロック協議会 橘事務局長始め、事務局メンバーの皆様お疲れ様でした。&ありがとうございました。
別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

リスペクトすること

今日は射水JCの2月度例会。
講師に致知出版社 代表取締役社長 藤尾秀昭氏をお招きし講演を頂いた。
その中で、20カ国の中学生へのアンケートの話があった。それは、学校の先生を尊敬しているかどうか?というもの。平均的に80%が尊敬できるというのに対して日本の中学生は21%しかいないとのこと。その原因は日本の子供たちに人を尊敬するという教育がなされていないということがあるという。

その講演の中で、松下村塾の話があった。自分はその塾生の高杉晋作を尊敬している。
彼の言葉で

「人は艱難を共にできても、富貴を共にする事はできない」 というのがある。

ただ楽しいだけ、自分に徳になることを共有するのは楽でいいかもしれない、でも、苦しいことを助け合い、共有することのほうが、仲間としての絆が深まり、人としての成長に繋がると思う。

今日の例会後の懇親会は、艱難を共にした仲間たちの結束が感じられる素晴しい会だったと思う。

JCの飲み会、外から見れば(内から見ても)批判は多いと思う。ただ富貴だけを共にするのではなく、艱難を共にし、地域のために貢献する仲間たちの飲み会であれば有意義なものになるのだろう。

自分も人の良いところを見つけ、尊敬し、また、尊敬される人にならなくては、、、
メタボリックな夜にそんなことを考えました。

人にやさしく、地球にやさしく… 副理事長の“ひとり言”でした。

別窓 | JC | コメント:4
∧top | under∨

義の心

Kaikai Kikiより村上作品待望の達磨シリーズがポスターバージョンで登場。
これまたネットでの抽選販売のみ、
今度は冷やかしで応募してみようと思う。

目を見開けど実景は見えず。ただ、己、心、凝視するばかり也 / 村上隆
art05.jpg

07年、NYで4年ぶりに個展を開催し、喝采と論争で話題を呼んだシリーズ。
ポップな中にも日本人の“義の心”が感じられる会心の一作だと思います。

本作だといくらするんだろ?一説によれば億単位で落札されたとか・・・・
芸術をお金で判断しちゃダメですね、、反省。

別窓 | アート | コメント:0
∧top | under∨

SHADOW BOXER

シャドーボクシング、ボクサーの練習の中で非常に重要なモノ。
リングの上で実戦をイメージしながら見えない相手を想像してパンチを繰り出す。
リング上では、そういったボクサー数名で所狭しとシャドーボクシングをする。

今日は射水JCの7つ委員会の内、3つが同時に開催された日。
“挑戦者たれ”という共通の目的の中、まだ見ぬ事業のイメージを描きながら所狭しと委員会を開催するリング上のシャドーボクサー。

SHADOW BOXER / 氷室京介:アルバム“FLOWERS FOR ALGERNON”より
music03.jpg
“ゴングは聞こえない ゴールさえ見えてない
求める何かのために その声ふりしぼれ”

常に勝つため、成功するイメージを持って委員会に望んでほしいと思う。
(副理事長目線で偉そうで申し訳ない)

副理事長はそんな委員長のセコンド役にならないといけない。
今日は委員会後、同じセコンド役の汚行副理事長とそんな話をした。

っていうか氷室って懐かしくねー、
当時、このアルバムを聴いてから“アルジャーノンに花束を”(ダニエル・キイス)を読んだ人は多いと思う。自分もそう。当時から流行りモノに弱い僕でした…

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

3つの故郷

本日、2月2日は僕の33歳の誕生日ということで、『誕生日』という絵画を描いたエコール・ド・パリの画家“マルク・シャガール”の紹介。
人や動物が空を舞い、まちが90度回転する、、そんな幻想的な絵を描き続けた画家である。

そんな彼には“3つの故郷”があると言われている。
1つ目の故郷は“郷愁の画家シャガール”を生んだ生まれ故郷、ロシアの“ヴェテブスク”
2つ目の故郷は“前衛の画家シャガール”を生んだ芸術の都“パリ”
そして3つ目の故郷は… “愛の画家シャガール”を生んだ恋人の“ベラ・ローゼンフェルド”
という、なんともロマンチックなお話なのである。

誕生日 / マルク・シャガール
art02.jpg
シャガールの誕生日に恋人のベラが花を摘んで部屋にやってくる。ベラが窓辺に花を生けようとすると、喜びのあまりシャガールの体が浮き上がり、ベラにキスをするという絵画。この誕生日の奇跡?の18日後に彼らは結婚したそうです。

自分の故郷はというと、
もちろん、生まれ育ち、今もこの地域で仕事をさせてもらっている、“射水市・新湊”
いろいろな経験を積み人間を大きく成長させてくれ、学生時代をすごしたまち“京都”
そして…次は、まだしばらくないですね。乞うご期待。。

そこで考えるのが、今自分が副理事長として所属するJCも様々なことを生み出す“故郷”になり得るもの、またそういう組織にしていかなければということです。そして“まちづくり”とは、地域の人々が幸せになれる“故郷づくり”ということに気付かされる…

------------------------------------------------------------------------------

2月2日生まれの有名人を調べていたら、“劇団ひとり”がヒット、、あんまりうれしくね~な、
また、2月2日は頭痛の日ということも判明、、頭が痛いぜ・・・・

別窓 | アート | コメント:2
∧top | under∨

ゴキゲンRADIO

JCとは“明るい豊かな社会の創造”を目指す20歳~40歳までの志高き青年?の集まりです。
今日はそのJCの2008年度委員長たちの集まりに同席する機会があった。
みんなエネルギッシュでキラキラ輝き、非常に刺激になりました。
その中でも、自分より若い委員長が、最後の締めの挨拶をしたのだが、しっかりとした口調で上手に喋る姿を見て、自分が同じ年のときこんなに上手く話せなかったことを思い出し、改めてこれからもがんばろうと思いました。

THE MODS “ゴキゲンRADIO” アルバム“NEWS BEAT”よりmusic02.jpg

何で“ゴキゲンRADIO”だって?
「そんなこと知ったことじゃない、このRADIO聴くだけさ!」
ということで本日、2月度例会を担当する委員長が、“FMいみず”に出演し例会のPRをしてきたとのこと、、
詳しくは“委員長の挑戦”で報告があるかもよ、、
とにかく、みんな“FMいみず”を聴いて2月度例会に行こうぜ~~!!
「ほらほら聞こえるゴキゲンな曲が~」

自分は32歳(明後日で33歳)男、独身だが、驚いたのが自分より若い2名の委員長はモッズを知らなかったこと、、
最大20歳のジェネレーションギャップがある組織だからしょうがないか…
もう若くねーな…

別窓 | JC | コメント:4
∧top | under∨
| Creative Green style |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。