Creative Green style

自由気ままなひとり言…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

What's ディベイト?

今日は、総務広報委員会担当の射水JC7月度例会に向け、準備として、(社)富山青年会議所 JCデー運営特別委員会 特別委員長 谷岡 栄三郎君にディベイトの概要の講演をして頂きました。

“ディベイト”
「ルールに従って討論し合う格闘技である」

ルールというのが、一つの議題に対して必ず肯定・否定という二つの選択肢しかないということ。いわゆる究極の選択ということ。
ただ、競技である以上、自分が意図していない状況でも否定もしなくてはならないし、肯定もしなくてはならない。
答えのない議論に対し、双方のメリット・デメリットを出し、白黒はっきりすることによって、お互いが理解できることがたくさんあると思う。

たまたま、今回はJCという小さなカテゴリーでディベイトを行うが、いろいろな観点でディベイトを行えば、世界レベルでいろいろなことを変えれる可能性があるのではないかと思いました。

例えば、
「アメリカ軍は今後もイラクに駐留すべきか否か?」と言う議題に対して、ブッシュ大統領が否定側で立論する。

「地下資源のない北朝鮮は、世界と渡り合うために核武装するべきか否か?」と言う議題に対して、金正日が否定側で立論する。

本音は抜きにこれはあくまで言葉での競技、でもそこで気づくことが多いのではないか、、

ただただ、人の命を奪いあう戦争、CO2をまき散らす戦争。

ディベイトがすべてではないが、人の命を奪わない、CO2をまき散らさない“話し合い”で解決できるのが理想であると確信する。

今日は、無意味な争いのない世界と、この混沌とした時代に“JCが必要である”と自信を持って肯定できるような組織づくりを目指す、ちょっとだけ使命感溢れる副理事長でした。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨
<<IDF | Creative Green style | パッチギる!>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Creative Green style |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。