Creative Green style

自由気ままなひとり言…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

What's 広報?

最近、JCで言う「広報活動って何?」と考えると難しくなる。

自分たちの活動をHP等を利用して市民に知ってもらうことや、各種イベントに参加してもらう為の告知なんかは広報活動かもしれない。

自分たちの活動が認められ新聞社等マスメディアに広報してもらうことはもっと理想的だ。

これからの恊働型社会を見据え、自分たちの活動だけではなく、射水が良くなるような市民の活動をJCが広報していくのも良いかもしれない。

ただ間違っちゃいけないのは、「自分たちは素晴らしい活動をしているから、市民に対してアピールしていきますよ!」ということ自体を広報するのは広報活動ではない。(要するに広報することを広報する行為)
これは、メンバー内での話であると思う。

最近では、公益性云々が話題になって広報やそれにかける予算の議論が多くされるが、やはり大事なのは根本的な活動の部分であることは間違いない。

JCの広報活動は営利性のある企業の広報活動とは全然違います。
外部発信の強化、新しい媒体での広報などなど手法なんてどーでもいい。
副理事長運営方針でも触れていますが、僕は手法ではなく“ハート”の部分、“まちの活気を地域全体で共有すること”が我々の広報活動なのではないかと思う、今年度総務広報委員会担当副理事長のひとり言でした。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

“事務局魂”

今日、昨年ブロックの事務局で共に汗を流した高岡JCのメンバーから電話をもらいました。

次年度は昨年の経験を活かし、張田ブロック会長のもと、副事務局長をやることになったのでよろしくお願いしますということでした。
自分は昨年の“事務局魂”を忘れず頑張ってくださいと激励しました。

今年度もそうですが次年度もブロックで委員長をするメンバー、LOMで専務理事をするメンバー、委員長をするメンバーなど、昨年の事務局のメンバーがそれぞれブロックや各LOMで活躍するのを聞くと非常に嬉しくなります。
共に汗と涙を流した07事務局メンバーの為なら何でも協力したいと思います!

“美しき魂を持って共生と献身の心で足元を支える”という“事務局魂”を忘れずに皆さん頑張って欲しいです!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

RUN! RUN! RUN!

昨日の理事会(JC)で自分が担当する恊働型社会創造委員会の議案が審議可決された。

仰木監督風(“キラリと光る”講演会)に言えば結果を重視し、細かいプロセスを問わないのだが、それは基本がしっかりとできているプロだからだ。

現時点で決してまちづくりのプロとは言えない我々が結果を残す為にはプロセスも大事だし、基本を創ることが必要だし、何より目的に向かってがむしゃらに努力することが大切です。


村山 槐多 / 走る走る走る

走る走る走る
黄金の小僧ただ一人
入り日の中を走る、走る走る
ぴかぴかとくらくらと
入り日の中へとぶ様に走る走る
走れ小僧
金の小僧
走る走る走る
走れ金の小僧。


今回はプロセスの一つである議案は可決されたが、良い結果を残す為には足りないものが多すぎる。
委員会メンバーの皆様、とりあえずは目先にある小さなゴール(11月度例会)に向かって共に汗を流しましょう!

No Regret Policy. “後悔しない行動を”

別窓 | JC | コメント:1
∧top | under∨

浜松にて

第57回全国会員大会浜松大会に行ってきました!

土曜日はセミナー&卒業生を祝うLOM懇親会
hama01.jpg hama02.jpg

サプライズで再び塩井ボスが登場し、卒業生にささやかなプレゼントを…
笑いあり、涙ありの素晴らしい懇親会で最後まで盛り上がりました。

楽しそうな黒崎議長(画像右)の万歳が盛り上がりを語ってくれています。

日曜日は式典&卒業式
hama03.jpg hama04.jpg

安里次年度会頭予定者の新鮮なスピーチに感動!新しいスタイル・可能性を感じる素晴らしいものでした!

残念ながら久保田利伸のライブ画像はありませんが、素晴らしい卒業式でした!!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

“キラリと光る”講演会

先日、ブログでも紹介しました人間力向上委員会担当の10月度例会が開催されました。

講師に元近鉄バッファローズの佐野慈記氏をお招きし「自己変革」~目的に向かって突き進め!~という内容で講演して頂きました。

聞き手が飽きない大変素晴らしい内容で久しぶりに講演時間が短く感じました。講演の中でも“守・破・離”について触れられていましたが、講演そのものに“守・破・離”が感じられる内容でもあった。

自分が講演の中で、興味を惹かれた部分は仰木監督のリーダーシップについてだ。
仰木監督は、試合に直接関係ない服装や身だしなみ、素行など細かいプロセスなどを全く重視せずにプロである以上、結果を重視する。
その反面、若手だろうがベテランだろうが一生懸命練習し、努力を惜しまない選手にはしっかりとチャンスを与える。

こうやって文で書くと当たり前と言えば当たり前のことで真新しくも感じないが、その当たり前のことが難しいのだと思う。
チャンスを与えるべく努力をしている選手の評価をするのが、非常に難しい。
仰木監督は選手とのコミュニケーションを重視し、日々選手を観察しているところにリーダーとしての資質があり、そして、それを語り継ぐ佐野氏がいるのだと思いました。

リーダーは雲の上の存在だけであってはならない。
常に周りとの調和を計り、公平な目線で、頑張っている人、努力している人にチャンスを与えることのできる人間こそが素晴らしい。また、そういう社会になって欲しいと願う10月度例会でした。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

“ボス”再び!

TOKUちゃんより貴重な画像を頂きました。

boss03.jpg
左が我らが“ボス”塩井専務で右が演技力バツグンの“詩吟刑事”今牧さんです。

先月のことですが懐かしく感じます。楽しかったです!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

ボス現る!!

先日、射水の地にて富山ブロック協議会の会員会議所会議が開催されました。

昨年までは主催側として富山県各地を廻ったのが懐かしい。

会議後の懇親会では各LOM趣向を凝らした設営でおもてなしするのだが、今回の射水は“ブロックにほえろ!”と題して、ボスの塩井専務率いるへそ曲がり署の刑事(出向メンバー)が乱れきったブロック委員長に喝を入れるという内容だ。

boss02.jpg boss01.jpg
(左)まんぷく刑事こと安達クン。昔の近鉄の野球帽と右手の松野さんがポイント。
(右)スナイパー刑事こと渡辺さん。見た目はめちゃめちゃ怖いが、皆さんご存知の通り非常に優しい方でございます。

残念ながら主演男優賞の塩井ボスの画像はありませんが、見られた方の脳裏にしっかりと焼き付いているかと思います。
出向者以外でも、撮影に協力頂いた汚行副理事長、山田副理事長、糸岡副理事長、委員長の皆様方、そして氷見JC谷内事務局長ありがとうございました。
そして、野村事務局長お疲れさまでした。

何の公益性も無い、ほんの数十分の余興のためにたくさんの時間を費やすことの賛否はあるかとは思いますが、何でも一生懸命やるということは、意味があっても無くても、その積み重ねが、より良いまちづくりへの礎になると信じてやまない、eco刑事でした。

別窓 | JC | コメント:4
∧top | under∨

佐野 慈紀 後援会

JCの10月度例会のご案内です。

講師にあの!“佐野 慈紀”氏をお招きし、「自己変革」~目的に向かって突き進め!~と題し講演頂きます。

10-1.jpg
※画像をクリックするとチラシをダウンロードできます。

10月8日(水)の開催ですが、多数の市民の皆様に来て頂きたく早めのPRをさせて頂きました。
場所は大門総合会館でして、駐車場等のご案内はチラシ及び射水青年会議所HPよりご案内しております。
また事前登録の方もチラシ及びHPからできますので皆様よろしくお願い致します!

射水青年会議所HP http://www.imizu-jc.com/

“自分を変えたい方”“目的に向かって行動する大切さを学びたい方”“ユーモラスな佐野氏の話を聞きたい方”
10月8日は皆さんで“自己変革”しましょう!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

“熱血”boys & girls 再び

先日、CBA2008 熱血チャレンジ IN いみず野の事後報告会が開催されました。

今回は、事業の振り返りから、子ども達、ボランティアスタッフ、親が事業を終えての感想を発表するという新たな取り組み。

子ども達の熱い想いを生の声で聞けることで、この事業の素晴らしさを物語ったように感じました。

「また参加したい」「感動した」「仲間ができた」いろいろな声が聞けた。

少しでも携わった自分としては、もの凄く嬉しかったです。

来年も是非、フルで参加したいと思います!

委員会の皆様、長い間お疲れさまでした。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

ひと・まち・きずな

本日、JCデー2008に行ってきました。
他LOMの事業に参加するといろいろ刺激になります。
この事業は、正しく“ひと・まち・きずな”という形でJCにしかできない素晴らしい事業だと思いました。

jcday01.jpg jcday02.jpg
(左)鳥越俊太郎氏などのパネラーによるパネルディスカッション“誇れる地域の創造に向かって”の模様。森市長って素晴らしいですね、、
(右)映画「劔岳 点の記」のトークショー。富山出身の女優“吹田 早哉佳”さん。かなりイイです。

まず感じたことは、人の数の多さ。
ただ、見にきている人は恐らくこの事業だけの為に来ているわけではない。総曲輪に来たついでにトークショーを見にきた人、トークショーを見にきたついでに総曲輪に来る人、そんな感じかなと。
でも、それこそが、JCとまちが融合した“ひと・まち・きずな”だなと思いました。

射水には残念ながら休日にコンスタンスに人が集まる場所が少ない。
かといって、事業のみで人を集めるのも一筋縄ではいかない。
射水市で都市型のまちづくりが難しい現実はあるので、刹那的でも人が集まるイベントを企画するのもJCとして面白いのではないかと思う。
そして、その人が集まったついでに、真面目にまちに発信できるような事業を行えれば面白いのかなと思いました。

富山JCができる事業。形を変えて射水でもできれば素晴らしい。そんなことを夢見る、残り4ヶ月で何ができるか考える、切ない副理事長でした。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

第11回定時総会

昨日、第11回定時総会にて、石灰理事長予定者並びに監事、副理事長、事務局長、財政局長、理事予定者が承認されました。

ishi01.jpg担当副理事長として、今回はあまり口出しせずに、静かに見守っていましたが、石黒委員長のリーダーシップと、統合してから11回も総会を重ねてきたということで、スムーズな運営だったと思います。

少しだけ細かいところを言うと、どんなに準備をしても“絶対”ということは無いので、PC、スクリーンを使ってのリハーサル、前日のみではなく当日のリハーサルも入念に行うことが大切だと思います。担当として反省致します。

やはりシニアの先輩方も来られると言うことで、現役としては大切な総会を完璧な設えで臨みたいと思うので、しっかりと引き継ぎをしたいと思います。

私事では、予定者がスタートするということで今年度も終わりが近づいてきた空気が流れますが、11月に担当の例会がありますし、12月にも総会が開催され、まだまだ今年度の職務が残っており、気を引き締め直す機会にもなりました。

次年度委員長の皆様はステージ場で希望に満ちあふれた素晴らしいスピーチをしていましたが、まずは今年度の各委員会での自分の責任を果たすこと!そして次年度に繋げて頑張って欲しいと思います!

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

今日は安心!?

昨日の第11回定時総会のリハーサルはスムーズな運営でよかったと思います。

新年総会と比べると委員長もたくましくなり、しっかりとリーダーシップを発揮していたように思う。

今日は、本番の第11回定時総会。担当副理事長としてしっかりと見守ろうと思います。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

“Baseball Kids” Photo

日韓交流少年野球「せかいはひとつだ」

言葉は通じなくとも、通じ合える瞬間。

base09.jpg base07.jpg base02.jpg base06.jpg base12.jpg base10.jpg base05.jpg base08.jpg

BASEBALL KID'S ROCK / 浜田 省吾

Baseball Kid 今も Baseball Kid

雨上がりの芝生のにおい

Baseball Kid ただのBaseball Kid

意味などないのさ ただ好きなだけ

いつまでたっても ただの Baseball Kid  



彼らが大人になってもこの瞬間を忘れないで欲しい…

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

明日から

JCが主催する日韓交流少年野球「せかいはひとつだ」に行ってきます。

今年度は韓国 仁川広域市にて開催のため韓国に、、

帰ってきてから報告したいと思います。では、、

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

“熱血”Photo

cba13.jpg cba15.jpg cba14.jpg cba19.jpg cba11.jpg cba17.jpg cba18.jpg

別窓 | JC | コメント:5
∧top | under∨

熱血になれた日!

“CBA2008熱血チャレンジ in いみず野”4日間 子ども達と共に完歩しました!!


日差しの強い時がありました。

喉がカラカラになりました。

気が遠くなることもありました。

雨も降りました。雷が落ちました。

足がものすごく痛くなりました。

寝苦しい夜もありました。

田園に吹く風が心地よく感じました。

歩きながら、たくさんの話をしました。

そして、素晴らしい仲間ができました。

cba09.jpg
cba10.jpg
cba08.jpg
cba07.jpg

「人は艱難は共にできても、富貴は共にできぬ」 高杉 晋作

お互いに助け合い、共に苦労を分かち合うのが“仲間”だということを子ども達は感じたに違いない。

地域教育実践委員会の皆様、感動をありがとうございました。

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

熱血になる日!

いよいよ今日からCBA事業だ!

相変わらず準備に時間がかかってしまう悪い癖、、

cba03.jpg cba04.jpg

(左)20歳過ぎの頃、NIKE AIR WOVENがまだco.jpで発売していなかった当時、並行輸入で25,000円も出して買ったWOVENが今ではCBA専用のマリンシューズに…

しかし、10年以上経った今でも使えるのは、NIKEのスニーカーが丈夫な証。

(右)デリケートな私はしっかり寝床をキープしないと寝れません。
したがって、ウレタンマットと低反発枕、フリースシュラフという重装備に…

まあ、事業を楽しむために準備に時間をかけるのも良しとします!!

今日から4日間頑張ります!

別窓 | JC | コメント:1
∧top | under∨

みんなでハマる!? サーマーコンファレンス

サマコン行ってきました!自分が聞いたセミナーを紹介。

「日本のアイデンティティ」確立会議フォーラム
パネリスト:櫻井よし子 氏 ら3名

国家安全保障問題委員会セミナー
講師:日高 義樹 氏

環境教育実践委員会セミナー
講師:鴨下環境大臣、北野 大 氏、大場 満郎

sc01.jpg sc02.jpg
画像は環境セミナーのもの。

(右)にもあるよう、根本的に「CO2の排出量 < 吸収量」にならないと削減できません。個人的な取り組みでも少しは排出量を減らすことはできるが、はじめの一歩の-6%削減を実現するにはCO2の吸収量を増やすことも大切です!!

今回のサマコンからは「カーボンオフセット」システムを導入するなど地球環境に対する取り組みがなされました。

こういう取り組みは是非、富山ブロックや射水JCでも取り入れればいいなと感じました。

しかし、横浜は暑かった… 今週末からJCの事業で子供達と共に4日間、射水市内を歩くわけだが、少し不安…

別窓 | JC | コメント:0
∧top | under∨

ギチョウな気分!

今日は射水青年会議所7月度理事会。
射水では珍しく22時前に終わることができた。

が、協議の議案にあまりにも質問がなく少し不安に感じました。

協議でありながら、全体的に案内文や表現の仕方の質問に終始し、事業目的や実施内容についてはほとんど触れられることがなかった…

総会ではどんな議案が審議されるのか?

どうやって次年度理事長を励ますのか?

目的を達成するため、なぜ佐野氏を選択したのか?どんな内容の講演をするのか?参加員計画、会場は?そもそも、目的は?

今回の「絆」養成講座のポイントは?

と、理事会中、頭の中で一人で議事進行してしまいました。

まっ、細かいことは抜きに理事会が早く終わって良かったと思おう。今晩は久しぶりに“すぽると”見てから早寝します。

別窓 | JC | コメント:2
∧top | under∨

最高の舞台!

昨日は自分の担当する総務広報委員会の担当例会“公益法人制度改革を考える~射水JCが進むべき道~”が開催されました。

例会実施までのプロセスを振り返ると、理事会では中々ディベートという手法が理解してもらえず、委員会も中々まとまらない、しかし、前に進むにつれて、委員会メンバーに責任感が生まれ委員会がまとまり、委員会の想いがディベーターの皆様に伝播していき、最高のチームで当日を迎えることができた。

副理事長として例会当日は、不安な思いでいっぱいだったが、一歩下がったところで見ようと心がけた。

見ている方からは、例会全体が、まるで素晴らしい舞台のように感じた。
全体をプロデュースする委員長、その舞台を演じる、講師、理事長、ディベーター、その役者達を支える委員会スタッフ。

担当の自分が言うのも変ですが、携わるすべての人が自分の役割を果たし、本当に素晴らしい例会だったと思っています。

これは持論だが、例会でもなんでも楽しんでやることが大切だと思う。
自分はいつも一つの映画や舞台を作り上げるという感覚で事業を行っています。
参加した人、見た人に楽しんでもらえるよう、チームを組み、脚本を作り、キャスティングする。そして舞台を完成させる。
その全体のプロデュースをできるのが委員長。こんなに楽しい役職はない!

ただ、“楽しんで”というのは、楽をするとか騒いだりすることではない。最高の舞台を作り上げるには苦労は伴うもの。しかし、成功のビジョンを描けていればその苦労が“楽しさ”になるのではないかと思う。そして、その苦労の分だけ作り上げる舞台が素晴らしいものになるし、その後の達成感は何にも代え難い。

話は飛びましたが、最高の舞台を与えてくれた、石黒委員長を始めとする総務広報委員会の皆様お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

別窓 | JC | コメント:5
∧top | under∨
BACK | Creative Green style | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。