Creative Green style

自由気ままなひとり言…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

奇跡の地球

今日は田中 優 氏(未来バンク理事長・ap bank監事)の素晴らしい講演を聞いてむちゃくちゃ高揚していたところに、ミャンマーの反政府デモ取材中に銃撃を受けて死亡した日本人ジャーナリスト、長井健司さんを撮影したロイター通信カメラマン、アドリース・ラティフ氏がピュリツァー賞の速報写真賞を受賞したニュースを知った。
なんとも複雑な気持ちになった....

photo01.jpg

講演の中で、“この地球(ほし)に住む人は、お互いに助け合うことを知らずに、お互いの命を奪い合うことに生きている愚か者である”という話があった。

個人がどんなに努力しても全体の約14%しかCO2を削減できない。戦争に使われるお金、軍備に使われるお金、それらから排出されるCO2を削減することによって、どれほどの命が助けられるか、どれほど人類が永らえるか......

ピュリツァー賞を受賞することは報道カメラマンにとって名誉なことであるし、もしかして、そのカメラマンは写真を通して戦争・紛争の悲惨さを伝え、人類から戦争・紛争をなくそうと考えているのかもしれない。
ただ、写真では絶対に戦争・紛争はなくならない。
もっともっと人類は何が正しいか本質的なことを勉強して有限の地球を大きな視点で考えるべきだと思う。そう考えると必然的に愚かな戦争などしている余裕はないと気づくはず。

そして、 No Regret Policy. “後悔しない行動を”

今ある自分の幸せを噛み締めつつ、真剣に平和で持続的な世界を切に願う夜でした。

別窓 | eco | コメント:2
∧top | under∨

「消えゆく命の物語」

今日は、久しぶりのTV鑑賞。
地球デイプロジェクト「消えゆく命の物語」
地球温暖化が加速度的に進んでいくと言われる今、世界各地の現状をつぶさに見て、自然と動物と人間の将来を考える時期に来ている。地球の未来を考え、「今、私たちがすべきことは何か」を問う番組だ。

北極圏の氷が溶け、絶滅の危機に瀕するホッキョクグマ。
森林伐採による絶滅の危機に瀕するボルネオ島のオランウータン。
キリマンジャロの永久凍土の減少、異常気象、干ばつなどにより絶滅の危機に瀕するアフリカゾウ。

原因はすべてヒト.......

ears01.jpg ears02.jpg

番組で使われていた挿入曲。久しぶりに聴くとじーんときました。

「明日に架ける橋」 / サイモン&ガーファンクル 
                       ※和訳
“きみが弱ってしまって、自信もなくて 
 目に涙を浮かべたら 拭ってあげる
 友もなく、辛い時には、そばにいよう
 荒々しい流れに身を横たえて、橋になろう

 きみががっかりして、孤立して
 どしゃぶりの闇のなかで道に立つとき、慰めてあげる
 暗闇が来て心が痛みで一杯だったら、肩代わりしよう
 荒々しい流れに身を横たえて、橋になろう

 船出しよう、きみは銀に輝く
 ごらん、輝くよ、時も満ちゆく夢も
 友が必要なら、きみのあとから漕ぎ出そう
 荒々しい流れにかかる、橋のように”


地球環境を考えた時、我々は橋を造るのではなく、「今、私たちがすべきことは何か?」を考え、我々が橋にならなくてはならない。

“Like a bridge over troubled water I will lay me down”

そんなことを思った日曜の夜だが、明日も仕事が忙しい.....
なかなか理想と現実は上手く行かないものだ。
まずは、自分にできることから。。

別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

都市鉱山

今日見たニュースの特集で“都市鉱山”の話があった。
日本は都市鉱山大国だという。都市鉱山とはリサイクル技術により廃棄物から鉱山資源を得るというもの。
そこで、使用済みの携帯電話から、金・銅・コバルト・パラジウム等のレアメタルが抽出でき、その技術力、廃棄量とも世界有数の日本は都市鉱山大国だということだ。

資源のない日本にとっては素晴らしいニュースである。

tea.jpg話は変わるが、今日、タージマハル(インド料理店)にてアプリコットティーを購入!早速、先日購入したMYボトルに入れたいと思う。
かわいい木箱に25袋入って350円。
木箱は小物入れとして再活用できるし、とってもいい買い物をしました。
タージマハールに行けばその他たくさんの種類のフレーバーティー、セイロンティーが売っているのでどうぞ!

まずは、ごみを出さないこと、そして繰り返し使うこと、最終手段はリサイクルすること

リサイクル先進国日本だが、ゴミ大国日本でもある。素晴らしいニュースに一喜一憂することなく根本的な問題を考えることも大切だと思った、、、

別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

MYボトル

購入しました!

mug2.jpg
デザイン性やステータス度などを考えれば、LAKENやSIGGなども候補になったが、決め手は保温・保冷など機能性を重視し、Colemanに決定!

そんなに高価な買い物ではないが、いろいろ調べたり、足を運んだりと結構楽しく有意義な時間をすごすことができました。
ショッピングの醍醐味は、こうでないと!そして使うときの楽しさ!

明日からは、温かいお茶を沸かして持ち歩こうと思います!



別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

世界遺産から学ぶ、

昨日、“素敵な宇宙船地球号”で2007年に世界遺産に登録された“石見銀山”について触れられていた。
02.jpg
石見銀山がなぜ世界遺産に登録されたのか?それは江戸時代から続くこの銀山が古くからそこに住む人たちによる「開発と環境との共生」がなされていたからだそうだ。
環境破壊に繋がる鉱山でありながら、そこに住む先人の知恵と力で自然と共有し、今でも素晴しい自然を残しています。

そのことが現在、世界レベルで見直され、石見銀山の取り組みが各地で行われています。


世界遺産は美しいものとして感覚的に感じるものだと思っていたが、そういう成り立ち、先人の知恵を知ることで自分たちに生かされるモノがあるということに気づく。

なお、現在でも若い人たちが中心となって銀山を生かしたまちづくりを行っており注目されている地域です。

別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

eco JUNKO

今日は先ほども書いたが、高岡青年会議所2月度例会、講師“枝廣 淳子氏”による「SOS!限界を超えた地球~持続発展可能な未来への第一歩~」へ行ってきた。
今、もっとも旬な問題である“地球環境”についての講演である。

その中で、一年間の世界の二酸化炭素排出量と地球が吸収できる二酸化炭素の量の話があった。

・世界の二酸化炭素排出量:約72億t
・森や海など地球が吸収できる二酸化炭素の量:約31億t


日本は京都議定書で2012年までに二酸化炭素を6%削減する目標を掲げている。しかし、上記の数字を見ると明らかに温暖化を進めてしまう。
ヨーロッパ諸国は2050年までに70%を削減する目標を掲げている。地球の二酸化炭素吸収量が増えることは厳しいので(森林伐採によりむしろ減る)70%は削減しないと温暖化は防げないのだ。

僕も上記のデータも知っていたし、身近なところで環境問題には取り組んではいるが、知識や小手先だけではなく、自分から70%削減できるようにしないといけないと思いました。そして周りの人も・・・
6%を削減できない人は70%を削減することは無理なので、まずは6%!少しずつできることから取り組んでいきましょう!

book01.jpg

講演の中で、紹介されていた本です。最近は漫画や雑誌ではなくちゃんと読書もできるようになったので、読んでみたいと思います。

講演の最後、枝廣さんの掛け声で、みんな一斉に手を叩くシーンがあったが、掛け声の前、JCメンバーの殆どが一本締めのポーズだったのが面白かった。こんな変な習性をもっと地球にやさしいものに変えていければいいんだろうな。。



今日は万葉線で行くつもりだったが、寄り道する場所があって結局、車で会場入り。
口ほどにもないですね…

------------------------------------------------------------------------------

余談だが、8年前くらい前から枝廣さんを知っているが、見た目は殆ど変わらない。むしろ自信がついて生き生きしているようだった。
おそらく、講演内容のような、健康的で生き生きとしたライフスタイルだというのが想像できる。女性も男性もそういった生活をすることで若さを保てるのだなと思った。

別窓 | eco | コメント:2
∧top | under∨

不都合な真実 TOYAMA

昨日の新聞記事によると、地球温暖化により、ここ20年間で富山湾の海面が9.1cm上昇しているそうだ。  新聞記事
toyama01.jpg 近年の暖冬からも地球温暖化は肌で感じるが、9.1cmの海面上昇を聞かされると益々そう思う。確かに最近、漁港へ行くと子供の頃に比べると明らかに海面が上がっているのが分かる…
 これだけの問題に直面して、今の自分にできることは小さいかもしれないが、今までにやってきたこと以上に新たな取り組みを考えて実行していきたいと思う。
 マイ箸・バックはすでに徹底できているので、今月はマイ水筒強化月間として習慣付けできるよう頑張ります!

 小さいことかもしれないが、一人ひとりが取り組めば何かが変わると思う。

今日は、高岡青年会議所の2月度例会
講師“枝廣 淳子氏”による
「SOS!限界を超えた地球~持続発展可能な未来への第一歩~」
の講演がある。
万葉線に乗って、出かけようと思う。

詳しくは高岡青年会議所ホームページ

別窓 | eco | コメント:2
∧top | under∨

正義への長い道のり

「サミット参加国首脳の8人がやる気になれば、アフリカなど世界の問題は10秒で解決できる」
ボブ・ゲルドフ

ロンドン・ハイドパーク ライブ8での貧困撲滅への訴え。
bob01.jpg
※画像はその時のものではありません。

「やる気になれば解決できること」
会議中そんなことを考えていました・・・  ※今日はJCの正副理事長会議でした。

別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨

今、自分にできること

先進国に暮らす世界人口のたった2割の人々が、世界の富の8割を独占しています。
また、その2割の人々が地球を汚しています。
昨日、プロフィールにもある環境活動実践会議に出席しました。そこでいろいろ議論しましたが、私は自分の所属する団体がいったいどれだけの富を独占し、どれだけ地球を汚しているのかを考えました。
環境問題に対しての議論を行うのもいい、社会起業家精神を養うのもいい、講演会などの啓発運動を行うのもいい、ただ一番大切なことは、今、自分にできることをすること。

30円で砂漠に一本の苗木を植えることができます。
sahel01.jpgアフリカ・サハラ砂漠の南に広がるサヘル地域は、砂漠化に瀕し、かつ飢餓ベルトともいわれる慢性的な食料不足地帯です。その砂漠化を防止する為に住民が植えている苗木は、1本30円で作られます。1haを植えるのに100本が必要です。「緑のサヘル」というNGOはサヘル地域に住む人たちと共に食糧自給の達成を目指し、砂漠化を防止し、緑を減らさない活動を続けています。
緑のサヘル http://www.jca.apc.org/~sahel/
募金をするには http://www.e-volunteer.ne.jp/index.shtml

サイドパーツにある「OMOIYARI」は自分に代わって企業が募金をしてくれます。最近はマイ箸を持つ人が増えてきました。なんでもいいから自分にできることから始めることが大切だと思います。
実はオンライン募金には加入していませんのでこれからです。
別窓 | eco | コメント:0
∧top | under∨
BACK | Creative Green style |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。